聞き方の4つのステップ!

やっさんです、こんばんは~

 

今年は雪に恵まれています、と言うか
行くを追っかけていますって感じです。

月初め秋田に良き、一面銀世界でした
そして帰ってきた兵庫でも、雪が積もり

この前の東京でも、道端に雪の山・・・
でも今年ももう見納めになったようです。

 

今回は聞き方の4ステップについてお話しましょう!

 

聞き方のステップ?と思われるでしょう
何事も段階別で、整理できるんです。

 

第1のステップ

ここでは基本、相手の言葉を聞いて理解する。
繰り返すように話す事で、本質をつかみやすい。


話し手:アフィリエイトするのはもう嫌だ・・・
聞き手:そうか、アフィリエイトするのは嫌なのか・・・

 

第2のステップ

ここでは話の内容を、自分の言葉に替えて話す。
話の内容を要約した形にすると、理解しやすい。


話し手:アフィリエイトが面倒くさくて・・・
聞き手:作業量も多く面倒くさいから嫌なんだね・・・

 

第3のステップ

相手の辛い部分の感情に、相槌を打って話す。
言葉よりも、感情に訴えかける感じで話すのが重要。


話し手:アフィリエイト、ちょっと休んでも良いかな・・・
聞き手;頑張ったんだし、しんどかったんだね

 

第4のステップ

ここでは第2、第3ステップを、同時に行う形になります。
自分の言葉にして、感情に訴える形で相槌を打つ形にする。


話し手:アフィリエイト、ちょっと休んでも良いかな・・・
聞き手:面倒くさいのを頑張ったんだし、嫌なんだよね・・・

 

このステップで一番重要なことは!

 

心から相手を理解したいと言う、気持ちが無いとダメです!
その心が合って、やっと相手も心を開いてくれるでしょう。

 

私の母親はカウンセラーを昔やっていました、この記事を
書いていると、母親が私との会話にはこの方式を使ってい
たと今は理解できます、だからこそこれは習得して欲しい!

 

4つのステップを、簡単にまとめてみましょう。

1、相手悩みの本質の言葉を繰り返す
2、自分の言葉に置き換え本質を話す
3、相手の感情を理解して、同意する
4、自分の言葉に置き換え、感情を反映する。

 

今回は、聞き方の4ステップについてお話ししました。
会話の始まりは聞くことです、聞き方にも色々ある。
聞き方一つで、全てが変わると言う事です!

 

今回はこの前の記事に続き「 聞く 」を題材にしました。。
「 聞く 」をテーマに、また掘り下げて記事にしますね!

 

今回に記事への、ご意見・ご質問も受け付けております。
あなたの素直な気持ちを、私に届けて欲しい!

下記お問い合わせより、ご意見や、ご質問を投げかけ
て頂ければ、できるだけ早くご返事いたします。
あなたの一言で、新しいご縁が生まれます。

 





この記事がお役に立てたと感じましたら、応援ぽちっとお願いします!





これからも頑張って記事更新していきます、応援ありがとうございます!

コメントを残す