ネットの世界とは、いったい何なのか?

さて、前回に続いてリアルとネットを
実際見て感じた部分の話です。

ネット世界とよく呼ばれていますが、
さて、ネット世界とは何?

ここが、特に肝心な部分です!

 

 

ネット世界があたかも存在して、その世界では自由に出来るなどと
考えて、嘘偽りや犯罪的な行為を行う人もいます。

 

ネットの世界と言われているもので錯覚を起こしやすいのが、バーチャル世界と
言われるもので、ゲームなども多く存在します。

 

その為実際に存在しない世界に足を踏み入れたような感覚になり、あたかもその
世界の住人となり、何でも出来てしまう為に錯覚を起こしてしまう。

 

この錯覚が、快感でもあるわけです。

1、自分が出来ないことが出来てしまう。
2、自分だけの世界に閉じこもれる。
3、別人になれてしまうと思ってしまう。

ゲームの世界などで多い錯覚です。
それをそのままネットの世界と考えてしまうのが、間違いなのです。

 

ゲームの世界でたとえてみましたが、ネットの先にいるのは人なのです。

だからこそ、文字で表現する難しさも理解しなければなりません。
ある意味リアルタイムな、手紙のようなものともいえるかもしれません!

 

そう考えて、ネットとはなになのかを考えてみると・・・

 

ネットの世界とは、コミュニケイションツールの一つでは無いでしょうか?
古臭い表現ですが、井戸端会議のネットバージョン的なものとも考えれます。

 

基本人と人の、つながりを持つためのツールに過ぎない。

 

だからこそ、色んな注意を払う必要もあれば、この世界にはまだまだルールが
乏しく、嘘偽りも多く、間違った情報のほうが多いかもしれない。

 

また、古い情報か新しい情報化の判断もつきにくい・・・

 

ネットビジネスにおいても、パソコン一つで年収○○○万も可能である!

 

この一言は嘘ではありません!

 

よくあるフレーズで、皆さんコレに期待と夢を持ってはじめたりします。
実は、始める時の障壁(初期投資など)が低いのでやりやすい。

ただ誰でも簡単に、1日数時間で出来ると言う部分には問題があるでしょう・・・

この内容に関しては、また詳しくお話しすることにしましょう。

 

少し本題から離れてしまったので、修正を致します。

 

「 ネットの世界とは、いったい何なのか? 」

 

このタイトルの答えとして考えるのは、

1、世界ではなく相互につながったツールの一種である
2、ネット上に存在する、現代風井戸端会議場
3、秘匿性の高い伝言板(今の人にはわからないかも・・・)

などと考えています。

 

人によっては、色んな感じ方があるかも知れません。
単なる持論なので、深くは追求しないで下さいね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
まだまだ、更新頻度が遅いですが徐々に上げて行きますね!





この記事がお役に立てたと感じましたら、応援ぽちっとお願いします!





これからも頑張って記事更新していきます、応援ありがとうございます!

コメントを残す