プロフィール

はじめまして、やっさんです。

ネットビジネスで生活している「やっさん」と申します。

本名は「安渕 公彦」でHNは昔からのあだ名そのものです。

リアルショップも持っていたこともあるのですが、現在はネット
ビジネス専門でご飯を食べさせて頂いています。

 

私は何者かということで、時系列で並べて見ましょう^^
(物を書くとついビジネス用語が出てくるのも年ですかね)

1961年 九州 宮崎県で生まれる 今52歳のオヤジです。

暖かい地方特有の温和な性格を、はぐくむ時間も無くすぐ引越し・・・

3歳の時には兵庫県尼崎市に来ました。(ダウンタウンさんで有名になりました。)

 

小学生時代

小学校の時はピアノを習い、サッカーをし、全てすぐにやめるような

集中力の無い子に育っていました ><

奇跡的に当時流行っていた、カブ・ボーイスカウトは続いてましたね^^

 

中学生時代

中学校からは階段を思いっきり踏み外すごとく、悪の道に入った気がします

今では言っても分からないかもしれませんが 「長ラン」 懐かしいね~

それでもなぜかしら、ボーイスカウトは辞めずにやってましたね^^

 

高校生時代

高校進学が曲者で、公立はいろいろと問題もあり諦めるように進められました。

仕方なくお坊ちゃん風私立に入学、平穏な学生生活がと思ってたはずなのに^^;

1年もたたずに事件起こしました、事件と言うにはあまりにも情けない><

恥ずかしいのですが・・・授業中に弁当のおかずの投げ合いで・・・

えっと・・・新しい高校は地元を離れて茨城県の私立、そこでは卒業まで静かに^^;

 

大学生時代

この辺からが中々ややこしいことにもなってきていますが・・

地元に帰り大阪の大東市の大学、工学部機械工学科に辛くも入学

楽しい学園生活が待っているはずでした・・・

そのときにはまったのが車です、暴走族じゃなく走り屋の方ですね

金はめちゃくちゃかかるってことで、バイトも色々やりました

定番のガソリンスタンド、カーショップ、甲子園の売り子とか

そこで人生がまず大きく変わった出来事があったのです

まず大学は途中でやめました、親も情けなかったでしょうね・・・

何で辞めたかって、結婚しました、出来ちゃったではなく普通です^^

そんなこんなで学生時代は終わり、ビジネス時代の到来です~

 

ビジネス時代突入

まずは最初に言っておきます、転々と色々変わっています。

結婚もしていたので、生きていくために働くことが必要だったのです。

 

就職

まずはアルバイトでお世話になっていた、カーショップにそのまま就職

初の小売店勤務ですね、チューニングショップだったのが選んだ理由

趣味と実益とそのうえ、当時では高給料でした、未来の展望も明るかった^^

 

副業

当時外車ブームだった事もあり、友達と組んで初のビジネスに挑戦しました。

ショップ勤務の合間のアルバイト的でしたが、名刺とかスッテカーも作りました。

輸入車のブローカー業は当たればでかい、月収100万以上あったことも多々

これが生まれて始めての副業っぽいものでした、相方の喪失と共に消滅でしたが

まだまだ若いと思いつつ、チューニングショップの客はもっと若い・・・

まだ30歳前だったのですが、働いていて先行きの不安がよぎってきました。

 

転職その1

子供のためにもちゃんとしたところに就職を、と考えて転職した先は

上場企業の某アルミサッシメーカーの、エクステリア営業マン・・・

上場企業への憧れと、メーカーという響きにその時は負けましたね^^;

 

転職その2

数年で転機が舞い降りてきました、取引先の問屋からの高額給料の引き抜き話

高額給料は初の年俸提示でしたし、メーカーにも飽き飽きしてたんでしょうね

すんなりアルミサッシの問屋に転職してしまいました。

さすが年俸制、会社からの要求が半端なく地獄が見えたお仕事でした。

 

転職その3

さすがに家族から見てもやばかったのか、給料よりも体が大事だよって言われ

在籍中の求職、忙しい中でしたが、ホームセンターの店長候補募集に飛びつきました~

50人くらい来てたでしょうか、運よく最後の4人に選ばれて就職決定

安定の職業ゲット、小売業がたぶん一番私には合ってると自負してましたね^^

昇進も約束されていたし、次長、店長からバイヤーまでなってしまいました。

私には幸せは続かないんだと実感、色々あって離婚を初体験しました。

 

退職フリー

どんな会社でもこんな時が来るんですね、日に日に経営不振が目の当の状況でした。

リストラではなく先に生活をと思い、独り身の気軽さで退職してしてしまいました。

 

お小遣い稼ぎ

退職手当もあり、だらだらとすごす中、ヤフオクを見る機会が増えました。

自前の商品なども売ったりしたのですが、あるときなんとなく気がついたのです。

当時はPCがジャンク品で、1000円とかで本体が出てたことがあるんです。

本体をヤフオクで買ってばらして、中のパーツだけチェックして再販する。

せどりではないですが、転売ビジネスの類です、月10万以上は儲かりましたね~

 

再就職

周りは遊んでいるように見えたのでしょうね、しきりに就職を勧めてきます。

このタイミングでPCの転売も同業者が増えたのでしょうか、ネタが激減しました。

仕方なく鍵のプロを育成するスクールの営業で入社しました、つなぎのつもりでした。

初めから胡散臭い会社だとは思ったのですが、最後のほうは最悪でした。

スクール卒業生に水晶の販売してこいって言われたときは、さすがに呆れました^^;

鍵の会社ですよ、防犯グッツならまだしも、でも色々と勉強をさせていただきました。

スクールのシステムや、無差別電話アポの取り方など本当にいい勉強しましたよ・・・

 

独立開業へ突入

そんなこんなで、やっぱり会社を退職、して良かったとは思いますけど^^;

やっぱり私には小売業しかないんだと思いこみ、昔のツテを使いペット関係で開業

当時は小動物ブームだったんですよね、うさぎやフェレットとか、専門店はさすが

に少なかったのか、意外と受ける形で順調でした。

まあまあ色々あるのが私のようで、ここで縁があり再婚を初体験

 

再出店

小動物ブームも陰りを見せ始めたこともあり、嫁がトリマーだったので

トリミングサロンを出店、自己最大のスペース50坪ありましたね^^

 

楽天出店

さすがにまだ自分の器以上だった坪数に四苦八苦、赤字もあったりして・・・

仕方なくリアル店舗とは別に、ネット展開をと言うことで楽天出店

甘く見ていた、ネットショップでの作業量にばたばたとしながらも

月商250万の売上げも達成し、意気揚々の時期でした。

 

致命傷

これから借金返していくぞ~ 良いことの後には悪いこと来ましたね~

嫁と仲たがいし、とことんまで行きました・・・

私もリアルのお店と楽天、その上借金返すので必死で忙しかったからね・・・

お互いの意見もあるのは当然ですが、裁判まで行ってしまい終結しました。

 

決着

トリミング関連のお店のすべてを持っていきましたね^^;

私に残ったのはネット関係と、莫大な借金だけでした、当時で2000万以上

持っていたマンションも売り払い、それでも足りない分をずっと返してました。

やっと借金も返済し気力と体力を消耗しきって、ネットビジネスで生きてきましたが

こうやって見るとネットビジネスは、私にとって救済システムみたいな物でしたね。

 

アフィリエイト参入

リアル店舗をもう一度という気も無く、ネットビジネスも大手参入でさすがにきつい。

やり方はあるのですが、さすがに資金的にネックになる部分も多いので断念。

低コスト・低リスクで始められる物と言うことで、アフィリエイトの世界に決定。

救済を求めてではなく、初めての本腰を入れた本業としての開始です。

しかし儲かるの・・・?

さてアフィリエイトを開始して、意気揚々とサイトも作っていざ勝負!

知識は本当に大事です、色々調べて始めたはずなのに、流石に初月商500円とか・・

やったことのある人は分かると思います、甘くない世界なのです。

トップアフィリエイターは今では楽そうですが、過去は泥臭く活動してました。

ここでマインド的なことを一つ『 継続は力なり 』その言葉通りのお仕事です。

継続する人が少ないから、儲からないと言っている人が多いので、俗に言う負け組みです。

そうならない為にも、アフィリエイトをしっかりと理解して必ず身につけてください。

 

夢は大きく果てしなく!

夢は追うもので計画は実現する物です、決して夢を低次元に設定しないでください。

アフィリエイト、そんな仕事を選んで何がしたいかというと・・・

難しくて、大変な分、成功したときのリターンは大きいからなのです。

この世界はただ継続が難しいからこそ、低リスク高リターンが可能なのです。

収入の上限が無いところもこの世界での特徴です、俗に言う青天井なのです。

あなたも、私と一緒に夢を実現し優遊自適な生活を実現しませんか?

中年と呼ばれる世代が少ないこの世界で、シニアアフィリエイターを目指します。

 

最後に

長文を最後まで読んでいただいき、ありがとうございました。

波乱万丈といえる人生を歩んできた私を、少しは理解してもらえましたか?

私はいろんな企業に属し色々学びました、成功も失敗もしてきました。

借金も背負い、電気ガスを止めに来るのがこうなのかと体験もしました。

人は諦めなければ、その先に必ず道は開けます。

信じて進んで失敗の乗り越えた先には、必ず成功が待っています。

私はこれからもその言葉を信じ、前に進んでいきます。

 

2014年3月19日(水)

新たなる家族を、迎えることになりました。

同時に子供も二人増えました。
・今年中学一年になる女の子
・今年小学六年になる男の子

家族4人となり、新たな船出を致します。